歯が抜けた子にドライフードを水に浸し食べさせる。

歯が抜けた子にドライフードを水に浸し食べさせる。

歯が抜けた子にドライフードを水に浸し食べさせる。

最近ちょっと体調を崩し、食べる気力がないネコさんを飼っています。
年齢的にも13歳と高いですし、そろそろ寿命かなと思うのですが、見ていて切なくなります。

 

元気なころは甘えてばかりいたネコさんでしたが、最近では寝ていることが多くなりました。
ご飯の時も一応顔は上げるのですが、いつの間にやら歯が無くなっていて、それで食べられなくなったのかなと思います。

 

そこで、ドライフードに水に浸け、柔らかくして与えてみることにしました。
大体10分位でしょうか、フニャフニャになった所で与えてみると、きちんと食べてくれました。
それから暫く経ちますが、何とか栄養確保できているようです。

 

複数飼いしている我が家なのですが、それを見た他の子がそれを食べにきます。
それはダメだよと言い聞かせるのですが、珍しいらしく、ちょっと気になるんでしょうね。

 

とはいえ、なんかやっていることが人間と同じだなと感じます。
段々と食べられなくなり、そしてだんだんと柔らかく形の無いものへと変わっていくのです。
ホント、切なくなります。

 

今では週に一度くらい、気分転換にウェットフードを与えています。
1人だけ特別扱いなのですが、やはりそこは食いつきが違いますね。
おいしいモノであれば、ちょっと元気を出して食べますね。
子供の頃は色んな種類のドライフードを混ぜて、それこそ飽きないよう工夫していたのですが、それが懐かしく感じます。

 

終末期に入っていると思われる長老ネコ。
最後においしいものをたくさん食べさせてあげようと、今から考えています。


ホーム RSS購読 サイトマップ