チタン合金製のはんこで家族の歴史を刻む

チタン合金製のはんこで家族の歴史を刻む

チタン合金製のはんこで家族の歴史を刻む

日本で最初のはんこというと、漢委奴国王で有名な金印です。
これは今から2000年以上前に中国から伝わってきました。
明治6年10月1日(印章の日)に実印の制度ができて、はんこが一般に普及し始めたといわれています。
世界を見渡してみると、6000年近く前にはんこの制度が作られたといわれています。
6000年も変わらずに続いているはんこの制度には、歴史の重みを感じます。
はんこの素材には色々ありますが、お勧めなのがチタンです。
劣化しにくく、長く使い続けることができます。
子供が生まれた日に作り、大人になった時にプレゼントすれば世代を超えて使い続けていけるはんこができます。
チタン合金製のはんこで家族の歴史を刻みつけていきましょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ